スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←ランキングなんだぁ

ロンボク 十月十六日 其ノ二

PM1:00(PM2:00) マタラムへ

P1020121.jpg←プラヤのサルー問屋
友達が20時頃、マタラムに到着するため迎えに行く事に。

ただ迎えるだけでは楽しくないので
民族衣装に変装して迎えることにした。

ガイドトミーちゃんに相談したところ、サルーというスカートみたいな衣装が良いとの事。
よってサルーを買いにお店へ。
問屋さんだけあって沢山のサルーがあった。
ありすぎてかなり迷うくらい。
お土産にもいいなーと考えながら選んでいると
長い時間が経っていたらしく、トミーちゃん飽きモード。
お土産の事は後にして、とりあえず1枚購入(45000RP)してその場を後にした。

P1020128.jpg←サルー手作り工房
観光名所にもなっている工房へ。
入り口ではサルー作成の実演を行っていた。
手作りというだけあって高級商品ばかりだった。
安旅の俺には到底手が出ない物だったが
目の保養にはちょうど良かった。
ジャカルタからのツアー客や民族衣装に着替えて記念撮影していた客などがいた。

P1020132.jpg←この工房では絵も販売していた
他にも、お面、楽器、壷など色々な伝統的な物が売られており
全て、高級品だった。



PM4:00(PM5:00) マタラム到着

P1020140.jpg←ガルーダ旅行代理店
かなり早めの到着だったがやることがあった。

いつ帰るか決めずにロンボクに来ていたので
帰りのチケットを購入していなかった。
よって旅行代理店でマタラムからデンパサールまでのチケットを購入。
マタラム~デンパサール間は1便しかないので
片言の英語でも購入する事が出来た。

携帯を借りていたのだが、プルサが切れたため掛けられない状態になっていた。
よって、マタラムショッピングモールの携帯屋でプルサの購入。
俺にはチンプンカンプンなので、トミーちゃんが代わりに購入してくれた。

バリに帰った後、何日か知り合いのKさん宅に滞在する事を思い立ち
インターネットカフェでKさんにメールを送った。

P1020151.jpg←マタラムで夕食
色々連れ回したトミーちゃんにお礼としてご飯を奢った。
場所はマタラムモールの横にあるレストラン。
どれが良いとか分からないのでトミーちゃんのお勧めに従った。
ヤギのサテ(焼き鳥)、牛のテールスープ、鳥のから揚げが登場

P1020152.jpg←少しグロテスクかな・・・
中でも強烈だったのは鳥のから揚げみたいな料理。
・・・から揚げというか丸々1匹揚げという感じ。
しかし、これがとても美味い。
揚げ方がとても良く、サクサクしていた。
(頭は食べる事が出来なかったが・・・)
他の2品もグルプックの料理とは比べ物にならないくらい美味かった。

合計160000RPと少し高めだが、
日本から比べたら安い物だし
なにより美味かった。

P1020163.jpg←マタラムモール内1
まだ時間が余っていたので
マタラムモールで時間を潰す事に。
スーパーでお世話になったYポンにお礼としてパンなどを購入。
本屋に行き、ロンボクで発行されているロンボクガイドブックを購入。

P1020174.jpg←マタラムモール内2
その後も、何を買うわけでもないがとりあえずウロウロしていた。
・・・早く着きすぎたな。

6時30分くらいまでウロウロしており
そろそろ空港へ向かおうという事になった。



PM8:00(PM9:00) 友達(N西、Dさん)到着!

7時頃にマタラム到着。
まだ早かったので、空港内の喫茶店で一休み。

7時40分頃からサルーを巻いて到着ゲートへ。
待っていると、周りの人が俺を見てクスクス。
良く見るとサルーを巻いているのは俺とどこかのおじいちゃんだけ。
後から聞いて分かったのだが、
サルーはお祈りの時、普段着としては着るのだが
マタラムに来る時は、オシャレをするためサルーは着用しないとの事。

まあ、そんな小さなことは気にせず
友達が驚く事だけを期待してサルーを巻き続ける。

そして、待ちに待ったやつらが到着。
でかいネームカードを持って待っていったのだが
気づかず、通り過ぎそうになった。(汗)
慌てて顔の前にネームカードを差し出すとようやく気づく。
出会った時にあまりにも大きな声を出してハグしたので
周りの人がとても驚いて見ていた。

P1020190.jpg←KFCでの1コマ
荷物を積んで車に乗り込んだ。
お腹が空いているとの事だったのでもう一度マタラムモールへ。
友達はKFCで食料を購入。
俺はビンタンなどを購入。

車の中で、ビンタン開けてカンパーイ!!
やはり、気の合う仲間と同じ時間を分かち合うのはとても楽しい。
波、エドカフェ、今までの旅の事などを簡潔に話している内に
グルプックに到着。

荷物を降ろして、部屋の中に詰め込む。
狭いがそんな事はお構いなし。
ロング3本が部屋に置かれた。

友達はバリでサーフィンしてきたとの話。
塩だらけの体を洗い流したいとの事だったので、
Dさんはシャワー(というか手桶水)を浴びに行った。

入って間もなく出てきて
「これがお風呂??」と言っていた。
昔バックパッカーだったDさんでもショックを受けた様子だった。
「すぐに慣れるよー」と言ってあげたら
すたすたと浴室に戻っていった。

N西さんとバリの事など話していると
またもやDさんから
「水出ないんだけどー」との声。

1人分ならミニ貯水庫があれば足りるが
3人分は足りないな。
結局、N西さんは塩だらけのまま布団の中へ。

早くもロンボクの洗礼を浴びた2人。
これからも色々と洗礼を浴びる事になると思うが
「3人いれば何とかなるでしょ」とあまり気にせず。
それより明日からの仲間とのサーフィンについて考え
ニヤニヤしながら眠りにつく俺だった。
スポンサーサイト


←ランキングなんだぁ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チューバッカ

Author:チューバッカ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
オンラインカウンター
広告
検索フォーム
ポイントチェック
ポイント付近の天気
タイドグラフ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。