スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←ランキングなんだぁ

謝辞

今回の旅では色々な事があった。
携帯盗難、財布を落とす(見つかったが)、お金盗難などなど。
自分が未だ未熟である事を再認識できた。
しかし、これも勉強。
次はもっと成長した姿でバリ、ロンボクに行こうと思う。

また、旅で出会った人達に大変お世話になりました。
・ロンボク在住のSさん
・札幌在住のYポン
・エカスに一緒に行ったKさん、Hさん
・途中一緒にサーフィンしたN西さん、Dさん
感謝という言葉だけでは到底足りないくらいお世話になりました。
本当にありがとうございます。
次、海外に行く時はこの経験を元に
他の人が困っていたら助けようと思います。

最後に、稚文を最後まで読んでくださった方
本当にありがとうございます。
今後はもっと面白く、もっと楽しませるように努力するので
期待してください。

それではこれからも「人生の備忘録」をよろしくお願いします。

←ランキングなんだぁ
スポンサーサイト

バリ 十月二十七日 其ノ一

AM6:00(AM7:00) チャングー

4476000031.jpg←チャングー付近の安宿発見?!(別日撮影)
とうとう最終日となった今回の一人旅。
旅行中、サーフィンをやらなかった日は1日のみ。
かなりタフな毎日だった。

サイズ肩頭
風ほぼ無風
面問題なし
人数20~30
波は予報通り良かったが、人が多かった。
(混雑ポイントを外しても貸切にはならないくらい)
しかも、ワイド気味で選ばないと捕まってしまう辛い波。

4476000029.jpg←チャングー付近の寺院?(別日撮影)
恐らく、グルプックに行く前であれば良い波だぁーと思いながら入っていたはず。
その位グルプックの波は決まっていた。
あの波が懐かしい。。。



PM0:00(PM1:00) お土産

暑くてめんどーだったがマタハリマーケットへ。
ボディクリームを探したが人気の商品なのか少ししかなかった。
他のドラッグストアみたいな店にあるだろうと思い、購入を保留。

レギャンストリートをウロウロ。
何とかお気に入りのお香、アロマオイルなど買う事が出来た。

長時間、太陽を浴びたため頭がボーっとしてきた。
またもや日射病か・・・!

ロスメンで体を休めながら荷物をパッキング。
・・・あれっ。
バッグの中にお金を隠しておいたのだが減っている。
絶対ばれない場所に隠していたはずなのだが。
(今までのロスメンではばれなかった)
かなり痛いが、これも勉強だと思って諦める。
(盗まれた方が悪いし・・・)

PM3:00(PM4:00) 遅い昼食

4476000012.jpg←美味しいケパブ屋
さっきレギャン通りでお土産を探している時、
外国人が食べてたのを横目で見たのだが、とても美味そうだった。
という訳でわざわざ戻ってくる。
量がとても多く味付けも良かった。50000RPだった。

4476000011.jpg←レギャン通りのオアシス?
とても暑い日だったので以前のも行ったフレッシュジュース屋へ。

4476000010.jpg←キンキンに冷えている
今回はパイナップルジュース(45000RP位)を飲んだ。
ジューサーで作っているので果肉も入っていて冷たくて美味しい。
これで熱かった体もリフレッシュできた。

近くにマッサージ屋があったので入ってみる。
「強くしても大丈夫?」と聞かれたので
「もちろん。」と答えた。
しかし、これが失敗。
やたらゴリゴリしてくる。
揉み返しが繰るんじゃないかと心配になるくらいゴリゴリ。
でも気持ちよかったー。

ロスメンに帰ってから途中だったパッキングを再開。
長かった旅も終わるなーと思いセンチな気分になっていた。
・・・いきなり停電!しかも全く復旧せず。
最後まで大変な旅だった。



PM8:00(PM9:00) デンパサール到着

ニョマンと最後の語らいをしながら空港へ。
少し早めに着いてしまったがまあいいか。
ニョマンにまた来る事を約束してハグしてお別れ。
かなり良い奴だったニョマン。次来た時もガイドしてもらおう。

免税店で最後のお土産アラックを買う事に。
聞いてみると通常は1ℓまでだが成田は1.5ℓオーケーらしい。
よって3本購入。

近くの喫茶店でバリコーヒーとチキンマヨサンドイッチを頼む。
ずーっと腹の調子が良くない。どうにか調整して治そう。



PM11:55(AM0:55) デンパサール出発

成田行きだったためか、かなり空いていた。
隣も空いていたのでゆったり座る事が出来た。

行く時、途中までしか見れなかった「私の中のあなた」を見た。
最後はしんみりしたが内容はかなり好きな映画だった。
見終わった後はひたすら睡眠。
起きてから列車の映画を見ていたが、またもやタイムアップ。
でもあまり好きな映画ではなかったからいいやー。



十月二十八日 AM8:00 成田着

国際線から国内線に乗り継ぎのため、ここで荷物を受け取る事に。
重い荷物を持ちながら国内線のカウンターを探す。
地図を見てカウンターと書いてある方向に進んだ。
・・・国際線カウンターだった。
わざわざ3Fまで行ったのに1Fに逆戻り。
しかも重い荷物を抱えながら。。。
軽く汗だくになりながら国内線カウンターへ。
何とか荷物を預け、出発までまったり待つ事に。



十月二十八日 PM0:50 千歳到着

4475000010.jpg←成田出発
映画を見れるわけではないので特にやることも無く暇な機内。
Dさんはちゃんと迎えに来ているのだろうか。
(携帯が無いため連絡できない・・・)

心配しながら千歳に到着。
でかい荷物を抱え、到着ゲートを抜ける。
キョロキョロ探してみるがいない。
・・・と思ったら人型の看板が動いている。
こんなことする人はそういないだろう。

4475000008.jpg←お出迎え
なんとN西さんも一緒に迎えに来てくれた。
嬉しい限りだ。
しかし、看板はあった場所に戻そう。

久々の札幌だーと思い外に出てみると
・・・寒い!
なぜならTシャツで帰ってきたからだ。
すぐシャツを着たが、それでも寒かった。
これからもっと寒くなるんだと思うとかなり凹む。
あーロンボクの暖かさが忘れられない。
必ずまた行こうと考えながら
仲間に旅の事を話すのであった。

←ランキングなんだぁ

バリ 十月二十六日 其ノ一

AM6:00(AM7:00) チャングーへ

ニョマンが道に迷うことなく15分前に到着。
道中、ロンボクであった事を話した。

4476000032.jpg←ニョマンのお気に入りポーズ
俺のつたない英語ながら伝わったらしく車内は大盛り上がり。
ロンボクで知り合ったHさんにニョマンを紹介した事を教えると
とても喜んでいた。
でも、Hさんは日本語しか話せないことを伝えると笑いながら困った顔をしていた。

4476000034.jpg←本日のチャングー
サイズ胸前後
風サイドオン
面ざわつき
人数5~20(色々な所でブレイクしているので人が少ない所で入ることも可能)
風が強くヨレ気味な波。張りが悪く乗ってもすぐつかまる。
良くは無かったが人が少ないことが唯一の救い。

明日もサーフィンすることは決めていたが、チャングーに来るか迷っていた。
ニョマンに聞いても、どこが良いかは分からないなーとの事。
うーんインターネットカフェで調べてみようかなー。

ニョマンに今夜の予定を聞き何も無かったので、ご飯を食べに行く事に。
サンセットが綺麗で美味しい海鮮料理の店があるということなので
そこに行く事にした。
楽しみだぁー。



AM11:00(PM0:00) ショッピング

お土産を買いに行こうと思い、ロスメンから外出。
しかし、ロスメンの位置をしっかりと把握していないため
まずはロスメン周辺をプラプラ。
ようやく、自分の滞在している位置を把握。

マタハリマーケットまで20分くらいかけて歩いた。
(この時点で既にダルイ)
お土産のアロマオイルを購入し、水が切れたので購入。

レギャン通りでお土産を探している最中、
マタハリマーケットで買うはずだったボディクリームを買い忘れた事に気づく。
・・・明日も行かなくては。
お香の店など見たがイマイチパッとせず。

安いインターネットカフェを探す。
ロスメンから近い所で探してみた。

4476000025.jpg←ロスメンから歩いて2分
1分140RP・・・安いねー。
ここに決めて店内へ。

今までは、全てローマ字でメール文などを作成していて困っていた。
しかし、ここは日本語が使えるパソコンもあった。
メールチェックし、ブログ更新。
通信速度もかなり速く快適だった。

良いところを見つけたなーと思いながら
ロスメンに戻っている最中・・・波チェックを忘れた事に気づく。
また行かないと・・・。



PM4:00(PM5:00) 再度インターネットカフェへ

メールチェック、波チェックするため再度来店。
やはり今日は風が強い日だった。
明日の波の向きはチャングーが良い事を示している。
風も弱くなるようなのでチャングーに行く事を決める。



PM5:00(PM6:00) ニョマンと夕食

4476000022.jpg←サンセットを一望できる
高級レストラン街があるここジンバランのイチオシは新鮮な魚、エビとサンセット。
夕日が沈む所を見るため、少し早めに到着。
レストランは1件だけではないので砂の上にテーブルがずらーっと並んでいた。

4476000023.jpg←綺麗な砂と海
海で子供達がはしゃいでいたり、カップルが語らいをしていたり
なかなか良い景色だった。
まだ食事時ではなく空いていたので、1番前のテーブルに陣取る。
椅子も砂の上にあるためかなり不安定。転ぶんじゃないかと思うほど。

まずはビンタンを注文しニョマンと乾杯。
どこで飲んでも1杯目のビールの美味さは犯罪的だ。

フードメニューを見ると、7~8品しかない。
「この中からしか選べないの?」と聞くと
「入り口付近の水槽から選んできて。」と言われた。
いまいち意味が分からなかったが水槽の所に行った。

聞いてみると
・食材(魚、ロブスター、カニなど)
・大きさ(グラム単位)
・調理法(煮る、焼く、揚げるなど)
を伝えて料理してもらう手法らしい。
ということで鯛の焼き魚とイカフライを注文。

席に戻りニョマンに日本語講座していると注文した料理が登場。

4476000018.jpg←注文した料理にご飯が付く
どんな感じかなーと思い食べてみた。
・・・うめー!
魚の焼き具合、イカの揚がり具合、言う事なし。
イカフライに付いているソースも美味い。
ビンタンが進む進む!!

4476000017.jpg←1日の疲れが癒される一瞬
綺麗だなー・・・イカフライ。
かなり美味しいイカフライの誘惑に負けて
サンセットの写真を取った瞬間、また食事へ。
食べ続けているうちにサンセットが雲に隠れたので
沈む瞬間を見る事が出来なかった。

デザートのスイカ、メロンを食べて会計。
注文した2品+ビンタンラージ2本で計36500RP。
確かに高いが、その価値がある料理だった。
バリに来て1度だけ贅沢したい場合には最適な場所ではないだろうか。

心もお腹も満腹になりながらロスメンに戻っている最中
喉渇いたなーと思い財布の入っているポケットを探ると
・・・入っていない。
逆のポケットかなーと思い探ると
・・・入っていない。
あー真ん中のポケットだーってある訳ない!!!

パニックになりながらニョマンに伝えると、ニョマンもパニック。
即行レストランに戻る。
盗まれるようなシチュエーションは無かったから落としたのかなーと考えていた。
ニョマンはいつもよりクラクションを鳴らしながら必死に車を飛ばす。

レストランに到着してスタッフに事情を説明。
いきなりスタッフが5~6人集まって、どこに座ってたか聞かれる。
席に名前が付いている訳ではないが
周りの景色の感じで多分ココだと伝えた。
席にはまだ誰も着席しておらず、みんなでばーっと調べる。
・・・あったー!
見つかった瞬間、探していたスタッフ達、ニョマン、俺のテンションが上がり
ワーワーと歓喜の声を上げていた。

会計時、風が強くて財布からお金を出すのが大変だった。
んで財布を太ももに挟みお金を数えて払い終わった後
ポケットに入れずにトイレに立ってしまい椅子の下に落としていたようだ。

安堵しながら車に戻り、ニョマンと良かったーと言っていると
俺のあだ名が決まったとの事。
それは「forgetter」。

携帯、財布と忘れた(無くした)ためニョマンが命名。
「次は何を忘れるかなー」と言うと
ケラケラ笑っていた。

明日はバリ最終日。長かった1人旅も終わってしまう。
今は淋しい気持ちもあるが少し達成感もある。
とにかく明日は何も問題を起こさず無事日本に帰る事だけを目指そう。
・・・忘れ物にだけは気を付けよう。

←ランキングなんだぁ

ロンボク 十月二十五日 其ノ二

PM2:00(PM3:00) 会計と出発

P1000888.jpg←グルプックの風景(別日撮影)
エドにお礼を言い、会計の事を伝えると
エドの奥さんが登場し、計算してくれた。
会計も終了し、荷物を車に積んだ。

ガイドトミーちゃんだけでなくSさんも一緒に空港まで来てくれることに。
本当に有難いことだ。

マタラムモールに行き、明日の朝食を買う。
明日も朝からサーフィンする予定なので
ゆっくり朝食というわけにはいかない。

Yポンにカメラを返したため思い出を残す事が出来ない。
何か無いかなーと考えながらカメラ屋のショーウインドウを覗く。
デジカメじゃ高いからなーと視線を這わせていると
フィルムカメラを発見!!
しかもフィルム4本付きで200000RP!!!即行購入した。
しかし電池が付属されておらず、途中で購入。
これで画質が悪いながら思い出を残す事が出来る。



PM5:00(PM6:00) スンギギへ

4474000017.jpg←スンギギのビューポイント
時間がかなり余ったのでドライブする事に。
マタラムから北西に30分程度走ったところにあるスンギギは
高級リゾート地の様な佇まい。
ホテルもかなり高額なところが多い。
俺のようなサーファーはまず来る事が無いような場所だ。

4474000018.jpg←ギリ島を見る事が出来るポイント
この写真でも分かるように遠くに島が見える。これがギリだ。
ギリ島については詳しくないが、島が3つありとても綺麗な海があるらしい。

4474000019.jpg←サル発見
いくら見ても分からなかったがかなり近づいてやっと分かった。
木の上でサルが休んでいる。
もっと近づいて写真を撮ろうとしたが、威嚇してきたので止めた。
噛まれたら痛そうだもの。。。



PM6:00(PM7:00) 最後の晩餐(大げさ)

4474000012.jpg←料理頼みまくり
マタラムに戻り、マタラムモールの隣にある中華料理屋へ。
お勧めメニューを色々頼んだ。
あんかけ野菜のような料理の味付けが抜群で美味かった。
ナシゴレン、ミーゴレンも美味いしエビも・・・食いすぎた。

苦しい腹を抱えながら空港へ。
少し時間が迫ってきたのでイソイソと荷物を降ろし、
チェックイン前に写真を撮り、ハグしてお別れした。
少しイソイソしたお別れだったが
次も絶対来る事だけは約束して、チェックイン機へ向かった。



PM9:00(PM10:00) バリ到着

今回は飛行機も揺れず、快適な空の旅だった。
荷物も無事受け取り出口に向かうと
かなーりイカツイ兄ちゃんが・・・。
これがガイドニョマンだ。

Sさんから話には聞いていたが輪を掛けて怖い感じだ。
でも、日本語がとても流暢で優しい心の持ち主。
人は見かけによらないとは正にこの事。

明日もサーフィンしたいため、滞在するロスメンの場所を教えてもらい
電話を貸してもらい、サーフガイドニョマンへ電話する。
ロスメンの場所を上手く伝える事が出来なかったので
ガイドニョマンに替わり、伝えてもらった。
これで明日もサーフィンできるぞ!

ロロハウスというロスメンに到着。
ガイドニョマンにお礼を言って、チェックインを行う。
1泊150000RPと安いのでテレビなどはもちろん無い。
しかし、シャワーは付いている。手桶水からは解放だ。

後2日間で日本に帰国。
最後は楽しい気持ちでサーフィンして帰国できれば良いなーと考えながら
眠りにつく。
しかし、人生そんなに甘くないということに気づかされるのだが
それはまた別の話で。。。

←ランキングなんだぁ

ロンボク 十月二十五日 其ノ一

AM6:00(AM7:00) インサイド

P1000729.jpg←タンジュアン(別日撮影)
とうとうロンボク最終日となってしまい、最後のサーフィン。
切ない気持ちが大半だが、乗るしかない!

サイズ腹セット胸
風サイドオン
面ざわつき
人数5~20
入り始めは少なかったが徐々に人数が増えた。
波は得意のセット待ちが長いタイプ。
入ってきたセットの最初は他に回して
3本目位の波を狙い乗り。
これが功を奏して結構乗れた。
また最後の方は人数が減り、乗りやすかった。



AM10:00(AM11:00) アテン宅

お金を支払いにアテン母に会った。
いつもの様に、甘いコーヒーをだしてくれた。
多分普通のロンボクコーヒーなんだが甘さが絶妙なのだ。
感謝の言葉を伝え、その場を後にする時、タンペイエを貰った。
しかも沢山。・・・こんなに食べ切れんぞ。
ということでエドカフェに戻る最中、知り合いに会ったらタンペイエをあげていた。
アグスにタオル、雑誌、ワックスなどプレゼントした。
とても喜んでいるようだった。



AM11:00(PM0:00) ラクエンマッサージ

やはりマッサージにはまってしまい、今日も行くことを決心。
ラクエンに行くとマッサージのお姉さんに「モウスコシマッテ」と言われた。
近くにガイドアントがいて、時間までビンタンを飲んで話していた。

やはり気持ち良いマッサージ。
マッサージされるのが好きな俺にはたまらない。
あまりにも気持ち良くよだれをたらしながら寝てしまった。
・・・タハハ。



PM0:00(PM1:00) パッキング

この時間がとても悲しい。
板をプチプチに巻いて、ノーズとテールをタオルでガード、バッグパックに荷物を積め・・・
あー終わってしまった。

当初の予定ではバリの知り合いの家に2日間滞在する予定だったが連絡取れず。
ということでSさんの知り合いにお願いして滞在するロスメンを予約してくれた。
最後までお世話になりっぱなしだ。

パッキングにかなりの体力を使い、汗だくだったので
シャワー(手桶水)でも浴びようっと。

其ノ二へ

←ランキングなんだぁ
プロフィール

チューバッカ

Author:チューバッカ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
オンラインカウンター
広告
検索フォーム
ポイントチェック
ポイント付近の天気
タイドグラフ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。